原因を理解して対策をする~更年期を好年期にCHANGE~

ページトップへ

原因

耳鳴りが発症する原因

昨今、日本人の10人に一人の割合で悩んでいるといわれるのが、耳鳴りです。この耳鳴りの原因で特に多いのが、ストレスによるものです。現代社会では、仕事や人間関係などなんらかのストレスが必ずあります。このストレスがたまると、体のホルモンバランスが崩れてしまいます。すると、内耳のリンパ液がたまり、耳の中が圧迫されることで低音の耳鳴りがするようになります。 その他の原因は、体の老化によるものです。年齢とともに、人間の聴力は低下していきます。それに伴い、今まで聞こえなかった周波数の音が耳鳴りを引き起こしています。 また、耳鳴りは病気によって引き起こされるケースもあります。特にボーという重低音の耳鳴りは、メニエール病、突発性難聴の可能性があります。

症状を自分で改善するには

耳鳴りの症状を改善するには、まずは自分の生活習慣を見直すことが大事です。ほとんどのケースは、普段のストレスによって発症しています。なので、規則正しい生活を送ることで、体の負担が減って症状が改善されます。たとえば、普段の生活で夜更かしをせずに、きちんと質のいい睡眠を取るように心がけます。その他にも、偏食はせずに、3食バランスの良い食事を心がけることが大事です。また、自分が興味を持てる趣味を身つけることで、ストレスをためないように心がけるといいです。 上記のように生活習慣に気をつけても、耳鳴りが治まらない、難聴を伴う場合は、病院に行ったほうが良いです。何らかの病気によって発症している可能性が高いです。