原因を理解して対策をする~更年期を好年期にCHANGE~

ページトップへ

更年期の症状

誰にでも更年期は訪れます。

更年期というのは一般的に女性では45歳〜55歳くらいまで、男性では40代後半〜60歳くらいまでが更年期と言われる時期になります。 この時期に心身にあらゆる不調が現れることを更年期障害と言い、全く症状を感じない人から日常生活に支障が出るほどの症状に悩まれる人まで様々です。 更年期障害に多い症状と言われる、不安や欝の症状は急激にホルモンが減少することによって引き起こされる症状、イライラやほてり、発汗、動悸などの症状は交感神経と副交感神経の影響によって引き起こされる自律神経失調症が原因であることが明らかになっています。 したがって更年期障害の治療はホルモン補充療法と自律神経失調症の治療を行うことで症状が緩和されます。

更年期障害の具体的な治療法を見ていきます。

まずホルモン療法は女性はエストロゲン、男性はテストステロンというホルモンを約2〜3週間に1度のペースで注射で補充します。その他にも塗り薬や貼り薬によってホルモンを補充する方法もあります。 続いて更年期障害による自律神経失調症の治療は、薬物療法と心理療法の治療が一般的ですがその他にも生活習慣の改善や食習慣の改善によって乱れてしまった自律神経を整えていきます。 自律神経失調症によって乱れてしまった自律神経のバランスを整えるには時間を要することが多くなりますが、きちんと治療を行えば良くなります。 更年期の時期に不調があらわれ、1ヶ月以上症状が続くようであれば早めに医療機関で適切な治療を受けることが早期回復につながります。